360度ステージ「IHI STAGE AROUND TOKYO」に行ってきた!(髑髏城の七人 Season鳥)

今日有休を取得したのは、お芝居を観に行くため。
うっかり同じ日の別お芝居のチケットも買ってしまった母親から、代わりに行って! と頼まれたので。

実は、乗り気じゃありませんでした。
というのも、いわゆるお芝居というものには苦手意識を持っていたから。
何というか・・・少しオーバーに見える台詞の言い方や動きなどに、どうしても違和感を感じてしまうのです。

でも、チケットが無駄になるのはもったいないし、それに劇場が、新しく豊洲にできた「IHI STAGE AROUND TOKYO」だったので、設備への興味もあり、今日に至ったというわけです。

演目は、『髑髏城の七人 Season鳥』。
母親曰く、小栗旬主演のSeason花は、チケットが取れなかったとか。
c0286386_20353871.jpg
結論。
非常に楽しかった、行ってよかった(笑)

個人的な◎だったポイントは、以下。

▽早乙女太一の殺陣が美しすぎる
王様のブランチか何かで特集が組まれていた際、「昔からやっていたので」と、苦戦している阿部サダに対し、余裕な発言をしていた彼。
いやはや、何と美しい動き・・・
そして、今回初めて見た蘭兵衛の役どころは、彼にぴったりだと感じました。
花、次回の風の蘭兵衛を演じる方の顔ぶれを見ても、早乙女太一がいちばんぴったりなのではないだろうか、と思えるほど。
(Seasonごとにキャラクターの描き方が違うのかもしれないけど)

▽音楽が結構ツボだった
ロックっぽい音楽なども多く、想像していたTHEお芝居とは少々違うテイストで、私にとってはおもしろい演出でした。

▽設備おもしろい
やはり、あの劇場の仕様は、なかなかないので、とても新鮮かつおもしろかったです。
エンタメショーを観ているような感じですかね。

▽結構笑えるシーンあり
阿部サダ主演ということで期待していましたが、うん、やっぱり笑えるところ多数でした。

もちろん、最初のイメージ通り、苦手な役者さんが一部いましたが、それでも「楽しかったー!」と思える公演でした。

早乙女太一の蘭兵衛見たさに、あともう一度観に行くことにしました(笑)
いや、でも、本当にきれいだったので、興味がある方には全力でおすすめしたいです。

あ、ただ、ステージが結構頻繁に動くので、その間は劇場とロビーの行き来ができなくなります。
開演ぎりぎりに会場に到着したのですが、遅れた場合はしばらく劇場に入れない可能性もあるし、休憩時間もトイレは長蛇の列でしたが、席に戻るのが遅れれば、然り。
そういう意味では、設備による演出のおもしろさがある反面、緊張感ありです^^;


★猫ブログはこちら → Haru Haru Baby

★ランキング参加中 → にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 料理ブログ ひとりご飯へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ

      
[PR]
by kauru0818 | 2017-08-02 20:50 | going-out | Comments(0)


<< 100均商品で、食器棚すっきり 断捨離&整理整頓履歴 >>